この記事の所要時間: 250

borudaringu

ボルダリングを始めたばかりだけど専用のシューズが欲しい・・・今回は、そんな初心者の方のために失敗しないシューズの選び方をご紹介します。

ボルダリングシューズの選び方・サイズ

まずはサイズですが、いつも履いている靴よりも少しだけ小さめのものを選びましょう。

そうすることで、シューズの中で足が無駄に動くことがなくなり、つま先でホールドに乗りやすくなります。

 

実は、プロのクライマーはとてもきつめのサイズを履くのですが、初心者はあまり小さすぎると痛くなってしまうので、いつもより1cmくらい小さめがちょうどいいサイズです。

とはいえ、シューズは履いてみないと実際のところ分からないですよね。

 

サイズを選ぶ際にチェックするポイントは履いて1~2分我慢できるかどうか。

そして、シューズを履いたまま5分間爪先立ちできるかどうかです。

 

ボルダリングは、つま先だけで登っていくことが多いスポーツですので、5分間爪先立ちできないシューズはサイズが合っていません。

小さめのシューズだと足先は丸めた状態になりますが、それでも大丈夫!

 

上達していくと、より小さいホールドを踏むようになり、サイズが大きすぎると感じることがあると思います。

その時になったらより小さいサイズを選びましょう。

 

つま先が丸まってしまうとダメな感じがしますが、ボルダリングの際はそれでも大丈夫なのです。

スポンサーリンク
 

素足?それともソックス?

シューズを選ぶときは素足で履くべき?それともソックスを履くべき?

 

普段、靴を選ぶときはソックスを履いてから選びますよね。

でも、プロのクライマーのほとんどはフィット感を重視して素足で履くのです。

 

匂いやムレを防ぐためにストッキングを履くこともあるみたいですが、初心者は靴づれなどを防ぐため、ソックスをはくことがおすすめみたいです。

そのため、シューズを選ぶときにもソックスを履いてからフィット感をみてみましょう。

初心者はどんなシューズがおすすめ?

一口にクライミング用シューズといっても、実は大きく分けて3種類あると言われています。

  • ベルクロタイプ
  • シューレースタイプ
  • スリッパタイプ

 

この3つです。

 

この中で初心者におすすめと言われているのはベルクロタイプ。

マジックテープ(ベルクロ)で締めるタイプのシューズなので、着脱がしやすく、締め具合を自分で微調整しやすいのが人気の理由です。

 

ひものあるタイプは足は調節はしやすいですが、足をしっかりホールドするので初心者にはキツく感じてしまうようです。

上達して上級コースをクライミングできるようになればひものあるタイプもおすすめです。

 

また、靴底もしっかりチェックする必要がありますので、初心者は靴底がフラットなタイプが使いやすいので、しっかり見て購入してくださいね。

まとめ

ボルダリング初心者におすすめのシューズの選びかたについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

 

初心者向けとはいっても単に足にフィットするものを選べばいいと言うわけではなく、サイズ感や靴の裏までチェックしたほうが良い、という話でした。

 

毎回レンタルシューズを借りるのもいいですが、自分のシューズがあるともっと頑張れる気がすると思うのですが、いかがでしょうか。

ぜひ初めてのシューズ選びの参考にしてみてください。