この記事の所要時間: 246

tyooku

ボルダリングをするときに手汗をかくと手がすべってうまく登れないので、チョークはそんな時のために使います。

滑りどめのためではなく、汗を吸い取るために使うのがチョークなのです。

 

でも、チョークには種類が多くあって、それぞれ少しずつ使い方が違います。

今回は、そんなチョークの種類と使い方、初心者におすすめのチョークを紹介します!

チョークの種類

チョークといえば、小学校の黒板に文字を書くときに使うあのチョークを思い出しますよね。

 

確かにああいう見た目のチョークもあるのですが、ボルダリングで使われるチョーク・・・実は種類がたくさんあるんです。

チョークボール

主にジムなどで使われるチョークです。

チョークバックの中にチョークボールを入れて使用します。

 

中に入ったチョークは粉末状ですが、バックに入っているので飛びることがないのが特長ですが、綺麗に手に付けにくく、詰め替えが必要だというデメリットもあります。

ブロックタイプ

kokei

引用元 http://www.roguefitness.com/rogue-gym-chalk

石鹸のように固形状のチョークです。

 

石鹸で手を洗うようにチョークをつけることができるので、手に満遍なくチョークをつけることが出来ます。

ただ、崩れやすいのでロープクライミングには向かないと言われます。

チャンクタイプ

固形と粉末状のものが混ざったのがチャンクタイプです。

 

固形と粉末のいいとこどりをしたチョークですが、床が汚れる原因になるのでジムでは禁止されていることが多いので注意しましょう。

スポンサーリンク
 

液体チョーク

ekitai

ボトルに入った液体チョークは手に綺麗にチョークが乗ります。

しかし、液体の成分は主にアルコールなので皮膚が弱い方は注意しましょう。

ゼリー状タイプ

液体チョークのアルコール分を抜いたのがこのゼリータイプ。

 

アルコール成分が入っていないので手に優しく、しかも長持ちするというメリットがある一方で、売っているお店が少ないので手に入りにくいです。

初心者におすすめのチョークは?

tyooku

初心者は大体始めはジムでトレーニングすることになると思いますが、ほとんどのボルダリングジムではチョークボールの使用を勧めています。

そのため、初心者はチョークボールを使うことがおすすめです。

 

こなが飛び散りにくく、初心者も簡単に使えて売っているところが多いので手に入りやすいというのもポイントです。

 

チョークには滑り止めのために松ヤニが配合されたものがありますが、外の岩でボルダリングするときには松ヤニが配合されたチョークは使わないようにしましょう。

 

また、岩につけたチョークはちゃんと掃除するのがマナーですよ。

まとめ

ボルダリングに不可欠なチョークの種類や初心者におすすめのチョークをご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

一口にチョークといっても種類が多すぎて迷ってしまいますよね。

初心者はチョークボールを使えば間違いないですよ。

 

ただ、様々な種類のものをためしたり、様々なメーカーのものを試すと自分が一番登りやすいチョークが見つかると思うので、是非色々と試行錯誤してみてください。

一緒に楽しいボルダリング生活を送りましょう。

 

この記事が参考になれば幸いです。