この記事の所要時間: 329

borudarinngu

ボルダリングというスポーツは以前から知っていましたが、
それほど興味があるというわけではありませんでした。

 

しかし、最近では東京オリンピックの種目にもなるかもしれない、
というニュースを見て、

「どれどれ、実際は面白いのかな」

と思い、ボルダリングの動画をユーチューブで
いくつか見てみることにしました。

 

そしたら・・・結構面白そうじゃありませんか。

女性も気軽に出来るみたいですし、年を取っている人も
やっているみたですし、色々な人が初心者からでも
充分に楽しめそうな感じがありました。

 

 

そこでもうちょっとボルダリングの事を掘り下げて
調べてみて分かった事は、私がボルダリングのジムに
行ってみたいと思った理由が5つあったという事。

それは・・・

思ったよりも危険ではない

こういう山登りというかクライミングというと、
危険(落ちたら死ぬ)みたいなイメージがありました。

 

昔、クリハンガーというシルベスター・スタローンが
主演の映画を見て

「俺、高いところあまり得意じゃないし、絶対無理」

とか思っていました(笑)

 

・・・と、こんなイメージがあったのですが、ボルダリングは
あまり高いところは登らないみたいだし、ジムだと
下にマットが引いてあるから安心、との事。

これだったら初心者から楽しめそうだったので、
ボルダリングジムに行ったみたいな、と思ったわけです。 

1人でも始めることが出来る

周りにボルダリングをやりたいと思う友人もいない為、誘うのは無理。

そもそも、周りの友人は運動しないの人が多い(苦笑)
筋トレも誘ったけどやらないし・・・。

 

でも、ボルダリングは1人でも楽しめるという事で、それだったら
すぐ自分だけでジムに行けばいいじゃない、と思った次第です。

頭を使うスポーツだった

これは新しい発見だった。

ボルダリングのルールというか、どんな感じで楽しむのか?
などをザックリと調べたら、上級になればなるほど
体も使うけど頭も使わないとゴールが難しいということ。

 

どうやら次の一手の更に先を読みながら戦略をもって
やっていくことが大切みたいなので、それが
何か楽しそうだな、という気持ちが芽生えました。

スポンサーリンク
 

見ていてかっこいい

もうこれは見たまんま。

 

ユーチューブで、プロ級のクライマーが
ボルダリングをしているところを見てたら、

「ボルダリング上手くなったらかっこいいじゃん」

と素直に思ったのです。

 

今までもかっこいい体を作りたいから筋トレを
してきたわけだし、かっこ良くなれるならボルダリングを
是非やってみたい、と思ったわけです。

 

あ、それとボルダリングは体幹も鍛えられて安定しそうだった、
というのも始めてみようと思ったきっかけですね。
筋トレでも体幹はある程度鍛えられていると思うけど・・・。

少ない資金で始められる

ボルダリングのジムに行く費用は多少はかかりますが、
用意するモノがほとんど無い、というのが良いな、と思いました。

最初は全てレンタルで始めることが出来ますし、
自分で道具を揃えるといっても、いるのは、

 

・靴(クライミングシューズ)

・チョーク&バッグ

 

これくらいですから。

まあ、この2つも本格的に始めよう、と思ってから揃えれば
いいわけですから、実際最初は手ぶらで体験できる、という気軽さが
ボルダリングをやってみようと思ったきっかけでもあります。

まとめ

こうしてボルダリングのジムに行ってみようかな、と
思ったきっかけはやはり、手軽に小資金ですぐ始められる、
というのが大きかったと思います。

 

あとは、1人でも出来るし、何と言っても上手くなったら
かっこいいじゃん、というのがありますね。

上手くなるまでには時間がかかると思うけど・・。

 

まあそれは良いとして、何でもきっかけがないと
なかなか人間は行動に移せないですから
まずはボルダリングが自分がどこまで楽しめるか?を
確認しにジムに行ってこようかな、と思っています。

 

また、体験したことなどは記事でアウトプットして行くつもりです。

それではまた。